誰でもできる壁面装飾!糊残りなしの簡単シート!

ロドリゲス兄弟(兄) ロドリゲス兄弟(兄)

静電シート PITA

おはようございもす!花粉がまこってやばいもんそ!

マスクはするがじゃっど薬は飲みもはん!

弊社スタッフ、だ~れも大河を見てないようで話がかみ合わない、、

一人幕末圧強しの4番ピッチャーロドリゲス兄弟(兄)です。

さてさて、店舗をお持ちの皆さん、壁に何か装飾したい時はどんなものを貼って装飾してますか?

商品の告知や新しいシーズンのビジュアルなど店内の壁に装飾したい機会ってたくさんありますよね。

糊付きのシートだと壁の塗装が剥がれるかもしれないので心配、、。

普通の紙をセロテープでとめるのは見た目がカッコ悪い、、。

そもそもシートを貼ったこともないし失敗するのがコワい、、。

などなど。でも装飾はしたいでもんす…。

そんな皆さま!お待たせしたもんす!

あるんです!るんるんです!!

誰にでもピタピタ貼れちゃう魔法のシートがありもんせ〜!

目次

  • 壁を汚さず剥がさずカンタンに貼れる魔法のシート
  • 静電気シートPiTAの貼れるとこ&貼り方
  • 静電気シートPiTAの魔法が解けないための注意点
  • まとめ

 

壁を汚さず剥がさずカンタンに貼れる魔法のシート


誰にでも貼れるシート?またまた~と思った方、上記写真を見てください。

こちらはその魔法のシートを使用したポップアップショップでの装飾です。

これが魔法のシート?ご紹介遅れましてすみもはん。

魔法のシート!その名もPiTA(ピタ)!ピタピタ貼れてしまうからPiTA…?

ま、名前の由来は置いときまして。。ナゼ、カンタンに貼りつくかと言いますと、

こちらのシート、糊を使ってません静電気でつくのです!

今まで壁に装飾したくても塗装の壁を剥がしてしまうのがコワいとか、

もっとカンタンに貼れる素材を探していた方にはもってこいの画期的な素材だと思います。

ポップアップショップなどで商業施設のスペースを借りる際など壁を汚したりするかも、、

そしたら莫大な費用が、、など心配ですよね。。

でも、この魔法のPiTAならそんな心配はございません。

静電気なので貼ってるというより乗っかてるイメージですね

ちなみにこの装飾は業者さんに依頼せず素人のスタッフさんが貼ったものです!

静電気シートPiTAの貼れるとこ&貼り方

静電シートPiTAの貼れるところは、クロスの壁、塗装の壁、木、ウィンドウ、コンクリートにだって貼れちゃいます!

もちろん凹凸がはげしい壁や穴がボコボコ開いてる壁は貼れない可能性があります。

しかし本当にいろいろな壁に貼れますので最初みなさんけっこーおどろくと思いますよ。オドロキ〜〜。

貼り方はいたってカンタン。

糊のシート施工で使うようなスキージもナシ

手で貼れちゃいます。オドロキ〜〜。

静電気シートPiTAの魔法が解けないための注意点

魔法のシートと言いましても、PiTAシートにも弱点はあります。

例えば空調関係!

冷暖房の風や温度、あとは気候の問題などで静電気が浮いてきてしまい空気が入ってしまう時がありますのでご注意ください。

PiTAはビジュアル面のシートと剥離紙のシートの間に静電気が溜まってますので、

一度壁につけたシートを剥がしてから再度使用するのは厳しいです。。

それと屋内のみの使用です!

外ですと風などで飛んでってしまいますからね。

でも屋内の平滑の壁であれば半年間は貼っていても剥がれません。メイビー!

環境によっては数年、剥がれたことがないPiTAもあります!

期間限定のイベントでレンタルスペースを使っての装飾などにもってこいもすね。
下の写真は階段の塗装壁に使用しました。

まとめ

壁を汚さずにカンタンに装飾したい方にはまこってオススメの素材でありもんす。

これからはやりたくてもできなかった店内装飾がデキるようになるのではないでしょうか。

店舗ご担当の皆さ~ん、

ピタ〜!チェスト〜!キバレ〜ィ!


詳しくは下記のPiTAサイトをチェックしてもんす~
http://www.madoca.co.jp/pita/

イメージ通りのデザインを伝えられない方へ

The following two tabs change content below.
ロドリゲス兄弟(兄)

ロドリゲス兄弟(兄)

ディレクター/マネージャー株式会社まどか
1974年生まれ湘南爆走しない族出身。
まどか4番ピッチャーのロドリゲス兄弟(兄)です。
ロックンロールとカレーが大好きなノーガード派。
主に走りながら考えたり怒りながら笑ったりしてます。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • feedly
  • rss
backtotop