【InDesignテクニック】検索漏れ発生!
リンク先やロック部分の検索はコレで解決!

キタヤマ キタヤマ

見つからないって事だらけのキタヤマです。あれがないこれがない、ない ない ない…
自分だけの特殊能力かと思いGoogle先生に聞いた所《効率の悪いビジネスパーソンが、日常で探しモノに取られる時間は『年間150時間、探し物につかってるよ!』》って…出だしから別の大きな壁が出てきました…。

ただ、普段の探し物は得意ではありませんがInDesignの探し物は得意な方です。なぜなら『検索』があるから!彼にかかれば瞬時に見つけ出してくれる『全角数字』『間違った単語』『統一の取れていない送り仮名』なんだって瞬時に!
しかし完璧な機能だと思っていた『検索』でしたがそれでも問題が… それはリンク先などの単語には機能しないということです。Illustratorで作った図形内の単語、その図形下の注釈文字、本文とは別で作る事が多い表紙まわりなどなど…。

目次

  • InDesignの検索について
  • 漏れない検索(Acrobat検索)
  • Acrobat検索デメリット
  • まとめ

InDesignの検索について

まずInDesignの検索機能について確認してみます。

上記参考のデータを説明をしますと、タイトル部分と本文をInDesignで作っています。柱部分もInDesignで作っていますがマスター部分で作っているため現在ロックがかかっている状態です。図形部分はすべてIllustratorのデータでリンクしています。
では早速検索をかけてみましょう!

「リンク」を検索し「link」に置換していきます。

本文タイトル部分は検索することは出来ましたが、残念ながらロックの掛かった柱部分とリンク部分は検索されないのです。

漏れない検索(Acrobat検索)

それでは漏れない検索(Acrobat検索)を検証してみましょう!
まずInDesignをPDFを書き出して、Acrobatで立ち上げます。続いて[編集] メニューの [高度な検索] を選択しますと下記のように別ウインドウが立ち上がります。

早速検索をかけると先ほどより多く見つけてくれました、その中にはInDesignの検索から漏れていた、ロックの掛かった部分やリンク部分もしっかり含まれています。

Acrobat検索デメリット

Acrobat検索は大きなメリットがある一方、デメリットとして置換ができません。これに関しては当然といえば当然ですが…

まとめ

置換ができないなどありますが、リンクの多い仕事や、用字用語の最終統一など、『絶対に漏れられない!』仕事にぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

小児科、小児歯科、小児眼科におすすめ!子供に喜ばれる院内装飾シール

The following two tabs change content below.
キタヤマ
1976年 石川県生まれ。プライベートでは2児の父を担当。まどか制作部所属。
引きこもり作業の反動か、40を超えて突然走り出し、気がつくと大会にエントリーするまでに。
プライベートも仕事もカロリー高めのハードワーク担当しております。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • feedly
  • rss
backtotop