inお台場

撮影のロケハンで押さえておきたいポイントとは!

ロドリゲス兄弟(兄) ロドリゲス兄弟(兄)

お台場で撮影

雪解け間近の北の空に向い~過ぎ去りし日々の夢を叫ぶ時~♫

ワォォォォーーー!ウォォォォー!ワキャキャキャギャオゥー!!みなさん叫んでますかー!?

寒い日が続きインフルエンザも流行ってますが、手洗いうがいの他に、叫ぶってのも予防のひとつでは?オールセルフ!

霜降り粗品のようなツッコミはやはり難しいです、、泣。

まどかの絶叫担当ロドリゲス兄弟(兄)です。

突然ですがみなさん、ロケハンってご存知ですか?そりゃ~さすがに知ってるって?

ロケハンとはロケーションハンティングの略で撮影などする前に下見をすることを言います。

ただ、このロケハン、単純に下見するだけではなく、

当日のモデル立ち位置、タイムスケジュール、荷物の場所、休憩場所、光の差し込む位置、被写体との構図、ロケ地への移動時間、小道具の用意、撮影許可の申請、イカの頭、、

などなど確認することがた~くさんあります。

そこで今回はロケハンで押さえておきたいポイントをご紹介させていただきます。

 

先ずはロケ地選び

今回はクライアント様の春物コートの立上げと25周年アニバーサリー感を、店舗のバナーで表現し装飾することでした。

先方からのご希望テーマが、東京の海空見える街並を。でしたので、ポエム!(難しい、、)

と、いうことでロケ地は最終的にお台場となりました。

当日の撮影では25人のモデルが来るとのことでしたので、いろいろなポーズで人物の位置や光の具合を確認していくことに。

ソイヤ!ソイヤ!ではございまてん。これも演出のひとつでございます。

 

ママ〜あれほすぃ〜の駄々っ子ではございまてん。これも演出のひとつでございます。

 

大喜利ではございまてん。光の具合もみないとなのです。

 

なるべく本番で使用する機材を持っていき当日本番のイメージをしながら撮影すると良いですね!

 

当日に想定外のことも起こり得ますのでロケハンで気になった場所などは全て撮影しておき当日変更になってもアタフタせず大丈夫なようにしておきましょう!

 

撮影はその時期や天候によって変わりますので、屋外撮影の際は天気予報を必ずチェックしておきましょう!

雨の日はもちろん、太陽光や曇り加減によって撮影に影響出ます。

時間経過に伴い太陽の位置も変わるので限られた時間の中で進行しなくてはなりませんので、呉々も雨男雨女は参加させないようにしましょう!(笑)

それと大事なことはコンセプトや構成を念頭に入れ、どんな作品を作るための撮影なのかを考えなくてはいけません。

 

デザイン業界駆け出しの頃は鳩を飛ばす役などもやりましたな〜。

 

ロケ地では事前に撮影許可が必要なところもございますので早めの手続きを忘れないように!
申請するところによっては撮影許可が出るまでに一週間程かかる場合もありますのでご注意ください!

ロケハンでは過度の演出も大事なのです。。

 

そして何より現場では笑顔が大事!特に素人の方を撮影する場合は表情が硬くならないよう場の雰囲気作りが重要です!
ロケハンをしっかりすれば当日に急な変更があってもカバーできるので下準備は本当に大事です。
そしてスケジュール表を作成し共有して当日の撮影をスムーズにしましょう!

ロケハンで特に一番大事なのは現場で撮影当日のイメージをすることです!

イメージ イメージ イメージが大切だYeah♫

イメージ通りのデザインを伝えられない方へ

The following two tabs change content below.
ロドリゲス兄弟(兄)

ロドリゲス兄弟(兄)

ディレクター/マネージャー株式会社まどか
1974年生まれ湘南爆走しない族出身。
まどか4番ピッチャーのロドリゲス兄弟(兄)です。
ロックンロールとカレーが大好きなノーガード派。
主に走りながら考えたり怒りながら笑ったりしてます。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • feedly
  • rss
backtotop