ここまでやってくれるの?!働くママが歓喜した自転車店のサービス

カザマックス カザマックス

まどかのグラフィックデザイン

ドライアイでコンタクトレンズとメガネ半々着用のカザマックスです。
先日メガネ着用で3人乗り自転車に子供を乗せて運転をしていると横から車が来ていることに全く気がつかず、危なく衝突…という恐怖体験をしました。
以前にも趣味でやっているバレーボールにワケあってメガネで参加したところ、上から落ちてくるボールが見えずに頭に衝突というとても恥ずかしい体験をしたことがありました。

メガネは目に負担が少なくていいのですが、上下左右の視界が狭いため瞬時の対応ができません。コンタクトレンズ着用時のように広い視界を実現するメガネがあったら感動しちゃうな~と常日頃から思っているのですが、今回は実際にあった感動しちゃったな~というお話をしたいと思います。

目次

  • 働くママ突然のピンチ!
  • 働くママに救世主現る!
  • まとめ

働くママ突然のピンチ!

フルタイムで働くママは保育園のお迎えに間に合うようにと常日頃から1分1秒も無駄にしないようにと色々と工夫をされていることと思います。
そんなかしこいママと対照的に体力と根性、通勤は常にダッシュ!!ということだけでほぼ乗り切ってきた私ですが、先日…これはもうダメだ…と心が折れかけたできごとがありました。

朝、子供達を保育園に送り出すため3人乗り自転車で出かけ、無事に保育園へ到着。子供達を預けて、さあ駅に向かってダッシュ。
…と自転車をこいでいると「パンッ!!」…何か踏んだような…みるみるうちに自転車がガタガタいいだしてスピードも出なくなってしまいました。
なんとか駐輪場までついたので、とりあえず自転車をとめて電車に乗り込み出勤しました。

「ついこの前にもパンクしてタイヤを替えたばかりなのに、またパンクか…自転車がしばらく使えないと保育園も駅も遠いから困るなぁ、どうしよう…」

かなりの絶望感。とりあえず、走って帰って保育園のお迎えを済ませる→車で自転車を取りに行く→休日に修理に持っていく…などと色々と方法を考えていました。ただ、駅から大人が早歩きして徒歩25分の距離、その中間に保育園があるけれど、それを毎日子連れで歩くというのは時間的にちょっと厳しい。

仕事が終わって帰る途中にも方法を探ってみました。ネットで「◯◯駅 応急修理 自転車」で調べると一番最初に出てきた自転車店。以前同じ保育園ママでそのお店で自転車を買ったという人もいたので、「今日中に修理は無理でも預けて明日にでも直ればありがたい!」とダメ元でそのお店に行ってみることに。
その日はたまたまいつもより少し早く最寄り駅に到着したのでお店の閉店まで1時間くらいありました。
駅から自転車店まで徒歩で10分ほどあるのですが、自慢の体力と根性で、動かない重い重い3人乗り自転車をどうにかお店まで運んだのです。

働くママに救世主現る!

店員さんがすぐに出てきてくれて、「パンクですね、すぐ直しますよ。」と言ってくれました。
ただ、保育園のお迎えもありました。自転車がないとなると猛ダッシュしてお迎えにいっても自転車店から10分ちょっとはかかる距離。保育園が閉まる時間までギリギリでした。「修理の間ちょっと保育園のお迎えに行ってきてもいいですか?」と私が切りだすと「試乗用の自転車をお貸ししましょうか?」と言ってくれました。
「え??本当ですかー!!それは、ありがたいです!!!」と私。大感動だったのです。ただ、その試乗用自転車には子供用の椅子が1個。私が持ってきた自転車についていた子供用椅子は2個。それに気がついて、あっという間にもう一人乗れるように椅子を手早く電動ドライバーでつけてくれたのです。

「店員さんかっこいいー!!!(心の声)」

とりあえず、保育園にお迎えにいってお店に戻るとすでに自転車の修理は終わっており、状況も色々と教えてくれアドバイスももらいました。

直るのに数日かかると思ったのにその日に乗れるようになり、猛ダッシュ&汗だくでお迎えかと思ったのに自転車でサッと行ってくることができ、ちょっとしたアドバイスもくれる…もうこれ以上ないサービス、店員さんの優しさに感動の涙。修理の終わった自転車に乗ってみると空気圧も調整してあってとても軽快な走りに!

「ここまでやってくれたのかー!!!やー、ありがたい(涙)」

「次に自転車を買うときは絶対ココで買おう!!」と強く強く心に誓ったのでした。

まとめ

その後も、他店ですでに買ってしまった子供の自転車のですが、調整をお願いしにいくと、なんと快く無料でやってくれました。この自転車店はなんでこんなにママの感動ポイントを知っているのだろう…そして、利益はでているのだろうか…とそんなところまで心配になってしまったくらいです。

でも、私のようにこの自転車店のサービスに感動してこのお店で自転車を買う人は少なくないはずです。そういった「かゆいところに手がとどくサービス」「このお店にお願いしておけば間違いがない」という信頼感がお客様との長いつながりを作りあげ、リピーター獲得にはとても大切なんだなと感じました。

そして、働くママとしても日頃からのリーサーチがとても重要だということ。近くにこんなに頼りになる自転車店があるということがわかったことも大きな収穫でした。ぜひ皆さんも日頃散歩なんかしながら、身近にある頼りになるお店を見つけておくといいですよ♪

店内の壁面装飾をカンタンにする方法

The following two tabs change content below.
カザマックス
新潟県出身、スポーツとお酒をこよなく愛す。
商品の企画、紙媒体やWEBバナーのデザインを担当しています。店舗向けのウィンドウ装飾シール専門店「デコラヒロバ」のチームの一員として「おでこちゃん」など、イラストも描いています。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

backtotop