資料づくりからブランドイメージ確立まで イラストがもたらすメリットとは

センチメンタルウメコ センチメンタルウメコ

まどかのグラフィックデザイン

こんにちは。ウメコです。
最近暑いですね。暑いだけならまだいいのですが、湿気が多いのが嫌ですねえ。
日向しかない道も、飛び回るコバエも、電車の椅子に座ったときに感じる前に座っていた人の熱と汗も嫌です。
でもそれより嫌なのが、、、、文字ばっかりの資料!

みなさんも文字ばっかりのパンフレットやチラシ、資料を見て、
読む気がおきない…難しくて理解できない…真面目すぎてつまらない…と、嫌になったことありませんか?
もしその資料が自社のもので、お客様にページをすぐに閉じられてしまっていたらと思うといやですよね。

その問題、イラストを使えば解決できます!

今回はイラストを取り入れるメリットを4つほどご紹介します!
サービスなどの形のないものや、内容が複雑でテキストでは説明が難しいもの、堅い印象になりがちなものはイラストを使うのが効果的なんです!

目次

  • 【メリット1】目にとまりやすくなる〜イラスト付きで反応数アップ!?〜
  • 【メリット2】数や量がわかりやすくなる〜堅苦しい統計データも楽しくみれる!〜
  • 【メリット3】専門的な内容もわかりやすくなる〜親近感が湧き、理解が深まる!〜
  • 【メリット4】オリジナル感が記憶に残る〜ブランドイメージの確立に繋がる!〜
  • まとめ

 

【メリット1】 目にとまりやすくなる〜イラスト付きで反応数アップ!?〜

上記のツイートは、どちらが目にとまりやすいですか?
きっと右のツイートと答える方が多いと思います!

文章だけのツイートでは読まずにスルーしてしまう人はたくさんいますが、イラストがあると、自然と目にとまり、イラストで簡単に理解したあと、さらにくわしい内容を読みたくなりますよね。

これは写真でもいえますが、ビジュアルがあるとないとでは、確認のしやすさにかなりの差があります。
見てもらえる確率が高くなるので反応の数も増えそうですね!
このように、くわしい内容を読んでもらいたいときは目にとまりやすいイラスト付きがオススメです!

 

 

【メリット2】数や量がわかりやすくなる〜堅苦しい統計データも楽しく見れる!〜

統計データなどの数字はテキストで説明するよりも、視覚的に表現したイラストで見せるほうが、簡潔に伝えることが出来ます。
数字だけでみるよりも、かなりわかりやすく、見るのが楽しくなるところがいいですよね。

ちなみにこのような数字や文字だけで伝わりにくい情報を整理してわかりやすく表現したものをインフォグラフィックスと言うそうですよ。

会社の実績やアンケート結果などにとりいれてみてはいかかでしょうか?

 

チャートだけでなく、年表や路線図、地図などもインフォグラフィックスに含まれます!

 

【メリット3】専門的な内容もわかりやすくなる〜親近感が湧き、理解が深まる!〜

専門的で難しく、とっつきにくい内容のものでも、イラストを使うと親近感が湧いて興味を持ってもらえるきっかけになります。

会社の独自の技術や、サービス、専門的な内容をわかりやすく、優しく説明するにはイラストは必須といってもいいのではないでしょうか。

逆に文字のみでとりとめもなく説明してしまうと、置いてけぼりにされたように感じ、余計に離れていってしまう人もいると思いますので、親近感を与えられるイラストは重要です。

 

わかりづらい身体の中の細かい器官の名前や仕組みもイラストを使えばこの通り!
スッッと頭に入ってきます。生々しさも消えてグッドです。

 

 

【メリット4】オリジナル感が記憶に残る〜ブランドイメージの確立に繋がる!〜

「ねえねえ、白けシスターズってしってる?」
「えー?・・知らなーい」
「えー!絶対知ってるって!あの頭がオレンジの玉ねぎみたいなイラストのやつだよ!!」
「あー!!あれか!あの変なイラストのやつね!!」

こんなやりとりした経験ないですか?
似たような商品のなかでも、特徴的なイラストを使うだけでオリジナリティが生まれ、記憶に残りやすくなります。

また、デザインもイラストを使って統一することでブランドイメージの確立に繋がります。
スターバックスがその良い例ですね!

名前を知ってもらえなくてもイラストで認知されてしまえばこっちのもんですぜ。

 

 

まとめ

どうでしたか?イラストを取り入れるメリット、感じていただけたでしょうか。
しかしイラストが適さない場面もあります。
実際の状況や雰囲気をありのままに伝えたいとき、印象に左右されたくないときはイラストよりも写真が効果的です。

また、人によって受け取る印象が違うイラストのタッチに好き嫌いがあるコスト、手間、時間がかかる、などのデメリットもありますので、使いどころをよく考えましょう!

うまく活用できればマーケティングにかなり効果的なので、自社のサービスの表現にお困りの方は、
情報をわかりやすく伝えるツールとして、ブランドビジュアルとして、イラストを取り入れてみるのはいかがでしょうか?

 

小児科、小児歯科、小児眼科におすすめ!子供に喜ばれる院内装飾シール

The following two tabs change content below.
センチメンタルウメコ

センチメンタルウメコ

デザイナー株式会社 まどか
2021年にまどかに入社しました。
小さなことに幸せを感じる運動オンチな女子です。
可愛いキャラクターを見たり描いたりするのが好きです。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • feedly
  • rss
backtotop