ぺんぺんず ぬい撮り

オリジナルキャラでぬい撮りがしたい方へ!ぬいぐるみを作る方法

カザマックス カザマックス

まどかのグラフィックデザイン

こんにちは、三度の飯よりドライブが好き!なカザマックスです。
私は今、それと同じくらい「ぬい撮り」というものにハマっております。

こちらのペンギンのキャラクターはLINEスタンプとして作った私のオリジナルキャラクターですが、そういったオリジナルのキャラクターでインスタ映えするぬい撮り写真が撮りたい!という方のために、1体から制作可能なぬいぐるみの作り方をご紹介したいと思います。

LINEスタンプ ぺんきち&ぺんこの上越弁

目次

  • 多少の費用がかかっても高クオリティなものを作る!
  • なるべく低コストで、でもクオリティ高めのものを作る!
  • 費用はかけずに時間をかける!「あえての手作り」で作る!
  • まとめ

 

多少の費用がかかっても高クオリティなものを作る!

丈夫で見た目も売っているぬいぐるみのような高クオリティさを求める方は、ぬいぐるみ制作会社に依頼しましょう。
ぬいぐるみ制作に必要なのは前面、側面、背面と3種類のイラスト。こちらを用意して、希望のポーズや生地での制作が可能か色々と相談してみましょう。データを作れない方は、手描きのイメージでもこの3ポーズがあればぬいぐるみデザイナーさんがいい感じに制作してくれるはずです!同時に見積もりもだしてもらい、どれくらい費用がかかるかも確認しましょう。

ぺんぺんず3面図

参考までに、私がぬいぐるみを作るときに制作の相談と見積もり依頼したときは

A社 10~15㎝程2体1セットの場合で24万円~30万円
B社 20〜25cm程2体1セットの場合で18万円〜20万円

1体からでも作ってもらえますが試作品を作るような要領なので、手間がかかりコストは高くなります。100体〜など数量が多い場合は型紙を作って量産というかたちになるので1体あたりの価格は低くなるのですが、全体でかかるコストは結局多くなります。

しかし、丈夫さや、キャラクターの再現性、量産する場合のブレのなさなどぬいぐるみ制作会社さんのクオリティは素晴らしいですし、生地も種類がたくさんありますのでこだわって作りたい!という方は是非お願いしてみましょう。

 

なるべく低コストで、でもクオリティ高めのものを作る!

私はぬいぐるみ制作に予算がそれほどかけられなかったので、ハンドメイドマーケット minne(ミンネ)に登録している羊毛フェルト作家さんにお願いする方法をとりました。

ぬいぐるみ制作会社さんに送ったものと同じ3ポーズのイメージ図をみてもらい、制作可能かの確認と見積もりをメッセージでのやりとりで出してもらいました。大きさは5〜6cmですがなんと1体1000円で作ってもらえるとのこと。初めてお願いするのでイメージ通りに出来上がってくるかという不安も少しありましたが、お願いした作家さんは制作途中にも写真やメッセージで何度か確認をとってくれ、都度、調整にも丁寧に対応してくれました。

目の位置を調整

数回の調整を経て、お願いしてから2週間弱でオリジナルキャラのぬいぐるみが完成!
実際に手元に届いて手にしてみると「かわいい〜!!」と何度も自画自賛してしまいたくなる素晴らしいクオリティ。

ぺんぺんず ぺんきちぺんこ

ただ、ハンドメイド作家さんにお願いする場合に考慮しておいたほうがいいことは、作家さんごとに値段設定も変わってきますし、要望をきいてもらえる範囲はそれぞれ違ってきます。希望のぬいぐるみを作ってくれそうな作家さんを根気よくメッセージなどでやりとりしながら探すことが重要です。主婦の方も多く、お子さんを育てながら作業されていたり、イベントに参加されていてスケジュールが空かない時期もあるようですので時間に余裕をもってお願いしましょう。

ぬいぐるみを作ってくれた羊毛フェルト作家tick-tackさんの作品

費用はかけずに時間をかける!「あえての手作り感」でつくる!

夏休み、こどもと紙粘土をやっていたところ、ぺんきちくんを作ってみようと思いたち紙粘土でマスコット制作に挑戦しました。初めてなのであまりクオリティは高くありませんが、もう少し時間をかけて丁寧に作ったら「ぬい撮り」とはいきませんが、同じような「紙粘土マスコット」のインスタ映え写真が撮れるかもしれません。
また、ぬいぐるみ制作をお願いするときに用意した、3つのポーズのイラストから前面、背面ポーズを印刷して間に棒を挟んで貼り合わせるといった、「ハリボテスティック(?)」といったような方法もあります。
手作りが得意という方は「あえての手作り感」で味がある写真に挑戦してみてもいいですね。

紙粘土&はりぼて

 

まとめ

オリジナルキャラクターをいつも持ち歩いて、いろんな場面で写真を撮って残しておくと後で素敵な写真集などにもできちゃいます。是非、挑戦してみてくださいね!

ぺんきち&ぺんこの「ぺんぺんず」を詳しく知りたい方はコチラ

イメージ通りのデザインを伝えられない方へ

The following two tabs change content below.
カザマックス
新潟県出身、スポーツとお酒をこよなく愛す。
商品の企画、紙媒体やWEBバナーのデザインを担当しています。店舗向けのウィンドウ装飾シール専門店「デコラヒロバ」のチームの一員として「おでこちゃん」など、イラストも描いています。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

backtotop