ウィンドウ装飾にゲルポリを使う3つの理由〈イケメン施工編〉

ロドリゲス兄弟(兄) ロドリゲス兄弟(兄)

イケメン職人が施工したウィンドウ

夏が終わり秋に入るセンチメンタルセプテンバー

皆さまセンチメンタルにお過ごしでしょうか?

先日、秋先取りでアディダスのコーデュロイスニーカーを履き出勤した時のこと。

久しぶりにプーマさんからの急遽呼び出し電話が鳴り。。

よりによって靴だけじゃなく靴下までもがアディダス。

さすがにアディダスの靴&靴下でプーマの打ち合わせは、

ジャビットの着ぐるみ着てタイガースの応援席にいるくらいマズいワケで。。(そこ、サッカーじゃないんかぁぁ~い!)

タイガース!?寅年生まれの阪神ファンちゅーことで勘弁しもらおうかと思い、いざ打ち合わせに!

ってかプーマのロゴはトラじゃない!?ヒョウ??チーター??

そして担当者さまの目線はアディダスシューズにロックオン。。

平成も終わろうとしてるこの時代にダスラー兄弟ってね〜、、と思いつつ、

帰りの足取りが重かったまどかのセンチメンタル担当ロドリゲス兄弟(兄)です。

今回はなぜウィンドウ装飾にゲルポリを使うのか!?

その理由を関東最強イケメン職人さんと共にお届けいたします。

目次

  • 何より撤去がラクで時間短縮
  • 空気が入ったらまとめてドン
  • 透明度バツグン
  • まとめ

「何より撤去がラクで時間短縮」

写真を見ての通りゲルポリは何より撤去がラクラク簡単なのです!

これが糊付きのシート撤去から施工スタートだと剥がすのも大変、、。

糊残りのクリーニングもしないといけませんので時間はその分かかってしまいますよね〜。

「この差は結構デカイですよ〜!」byイケメン職人さん

ゲルポリは再剥離素材ですのでとにかく撤去がラク

特に枚数が多いウィンドウ装飾の撤去や時間制約のある時などはより実感できると思います!

ほ〜ら!こんなにスイスイめくれてます!(撤去時も真剣な血管ドゥーンのイケメン職人さん!)

「空気が入ったらまとめてドン」

ゲルポリシートの使用を躊躇してる方に多いのはきっとこの「空気(気泡)」が入ってしまうのが心配だからではないでしょうか?

それなりのサイズになった場合、やはり最初は上手く出来ずに空気が入ってしまうことは多々あります。

施工前のクリーニングが一番大事なのは以前お話しましたが、それでも貼り方によって空気が入ってしまうことがあります。

その時は慌てずに、ある程度の空気は残して置き、後で小さな空気と一緒にまとめて出すのがオススメです!

小さな空気はどうしても抜くのが難しい場合がありますが下記写真のように大きな空気にすると出しやすくなります!

「だんだんと大きな空気(玉)にしてまとめてドン!ですね」byイケメン職人さん

「透明度バツグン」

ゲルポリは透明度がバツグンですので、ほとんどシートのキワもわかりません!

このように上部の透明部分はシートが貼ってる感じには見えませんよね!?

「まとめ」

ゲルポリシートは、撤去がラク!気泡も不安にならずにまとめてドン!透明度がバツグン!

とウィンドウ装飾にはもってこいの素材です。

これからのクリスマス秋冬ウィンドウ装飾にぜひお試しください!

と、言うことで兄弟仲良くですね。笑

店舗の窓にクリスマス装飾をしたい方におすすめのシール

The following two tabs change content below.
ロドリゲス兄弟(兄)

ロドリゲス兄弟(兄)

ディレクター/マネージャー株式会社まどか
1974年生まれ湘南爆走しない族出身。
まどか4番ピッチャーのロドリゲス兄弟(兄)です。
ロックンロールとカレーが大好きなノーガード派。
主に走りながら考えたり怒りながら笑ったりしてます。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • feedly
  • rss
backtotop