周期開催イベントだから予算をおえたいパネル+ゲルポリでコスト削減!

SHIMSADE SHIMSADE

まどかのグラフィックデザイン

こんにちは。
家族全員インフルエンザにかかりましたが自分だけは無傷のタフGUY
ディスプレイ担当のSHIMSADEです。

今回のお悩みは商業施設さまからのご相談。
具体的な相談内容はこのようなものでした。

毎月イベントを開催する際に掲示しているイベントパネルの予算削減したい!

毎月作っては破棄・・・館内キャンペーンパネルを使いまわしできないか?

『月に1回は施設内で開催するキャンペーンの告知。現在は毎回パネルを作り館内の数箇所に掲示告知。
ただ枚数もかなりあるので作成の費用がかかるのと、破棄にも労力が必要となります。
この2つをなんとかクリアにしたい。』

単純にコストを安くするだけなら・・・

仕様を変える

回数を減らす

といった方法が考えられます。

例えば仕様をポスターに変えればコストは下がりますが、見た目のクオリティが落ちます。

回数を減らす場合は集客力が落ちてしまう可能性があるので

ベストな方法とは言えません。

そこで次の内容を提案させていただきました。

1、デザインをフォーマット化する

よくよくヒアリングするとキャンペーンの内容は『〇〇を〇名様にプレゼント!』

といった景品イベント。景品の内容が毎月変わるのですが、逆に言うと

キャンペーンの企画概要自体が変わるわけではありません。

そこで、まずはデザインをフォーマット化してプレゼント内容だけ

差替えられるようなデザインを提案させていただきました。

毎月タイトル周りからデザインを変えていましたが、

コスト優先でプレゼントの内容にスポットがいくよう工夫したデザインにしました。

2、ゲルポリとの組み合わせで部分的な差替えを可能にする

続いてパネルの仕様の変更を提案させていただきました。

現在は一般的なスチレンボードで仕上げていましたが、

私が提案ささせていただいた仕様はこんなものでした。

まずはパネルにベースとなるデザインを印字し表面にグロスラミネートをかけます。

そして、『1』でフォーマット化したプレゼント内容をそれぞれゲルポリで出力し

パネルの上から貼ります。

次月のプレゼント内容はもちろん変更になりますが、

ゲルポリなので剥がしたあと糊残りはないですし自分たちで簡単に内容の差替えが可能です。

年間を通しての金額のコストダウンに成功

では今回の仕様変更でどれくらい金額がコストダウンできたか?

以下になります。

◆今までのパネルコスト 約80万円

     ⇩ ⇩ ⇩

◆パネル+ゲルポリの組み合わせ 約70万円

差額はなんと約10万円。

デザイン費のコスト差を合わせると約20万は差額が発生し、

年間かなりコストダウンが成功します。

まとめ

いかがですか?
パネルという仕様は変えず、回数も減らさず、毎月破棄していたパネルも捨てずにエコ。
もちろん、ベースに使用するパネルは使い続ければ劣化はしてくるので、半永久的に使えるわけではないですけど、、、。
結果的に費用削減も実現しクライアントさまも大変喜んでいただきました。

皆様もぜひ、現在進行中の内容見直しをご検討されてはいかがでしょうか?

店内の壁面装飾をカンタンにする方法

The following two tabs change content below.
SHIMSADE

SHIMSADE

ディレクター株式会社まどか
店舗のディスプレイや印刷の仕事をメインに、お客さまのイメージを形にすべく日々奮闘中。印象に残った事例を紹介していきます。好きな食べ物はカレーとハンバーグ、嫌いな食べ物は豆。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

backtotop